トレンド⭐ニュース速砲

トレンド⭐ニュース速砲とは、芸能、社会、ニュースなどから、今話題の旬な情報を画像を交えてお届けします。
興味のある方もない方も一度はどうぞ。
まとめブログ まとめニュース

    カテゴリ:芸能 > 芸能全般


    和田 (わだ まこと、1936年(昭和11年)4月10日 - 2019年(令和1年)10月7日)は、日本のイラストレーター、エッセイスト、映画監督。大阪府生まれ。 実父は築地小劇場の創立者メンバーの1人で、のち、ラジオドラマを多数演出し「ラジオの神様」と呼ばれた和田精。日劇レビューで演出家を担った山本紫朗は伯父にあたる。
    27キロバイト (3,868 語) - 2019年10月11日 (金) 13:07



    (出典 www.asahicom.jp)


    お悔やみ申し上げます。

    1 ばーど ★ :2019/10/11(金) 15:10:25.47 ID:v1xts0rH9.net

    本の表紙や絵本の挿絵など、さまざまなジャンルを手がけたイラストレーターの和田誠さんが今月7日、東京都内の病院で、肺炎のため亡くなりました。83歳でした。

    和田さんは、昭和11年に大阪府で生まれ、多摩美術大学を卒業したあと、広告制作会社を経て昭和43年にフリーのイラストレーターになりました。

    たばこのパッケージのデザインをはじめ、書籍や雑誌の表紙、それに、絵本の挿絵など、さまざまな分野のイラストやデザインを手がけ、日本のグラフィックデザイン界をリードしてきました。

    また、エッセーや絵本など、数多くの書籍を出版したほか、映画監督としても活動し、平成6年には、さまざまな文化的な分野で業績を上げた人に贈られる菊池寛賞を受賞しています。

    事務所によりますと、和田さんは去年から体調を崩し、自宅で療養していましたが、ことし7月に都内の病院に入院し、今月7日、肺炎のため亡くなったということです。83歳でした。

    和田さんの妻で、料理愛好家の平野レミさんは、「最後は家族みんなに見守られながら、安らかにお別れをしました。肺炎を患ってからはごはんを食べられなかったので、和田さんが好きなごはんをたくさん作って、安らかな顔の横に置いてあげました。47年間、私の料理をおいしいおいしいって食べてくれて、本当にありがとう。安らかにね」などとコメントしています。

    葬儀はすでに近親者だけで行われ、後日、お別れの会を開く予定だということです。

    ■妻の平野レミさん コメント発表

    和田さんの死去にあたり、妻で料理愛好家の平野レミさんは次のようなコメントを発表しました。

    「1年ほど前から体調を崩し自宅で療養していました。7月より都内の病院に入院していましたが、最後は家族みんなに見守られながら、安らかにお別れをしました。肺炎を患ってからはご飯を食べられなかったので、和田さんが好きなご飯をたくさん作って、安らかな顔の横に置いてあげました。最後の料理を作っている時はすごく幸せで、『私にとっての一番の幸せは、和田さんにご飯を作ることだったんだ』とあらためて気付きました。47年間、私の料理を美味しい美味しいって食べてくれて、本当にありがとう。安らかにね」

    2019年10月11日 14時18分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191011/k10012123151000.html

    (出典 www3r.nhk.or.jp)


    http://wadamakoto.jp/

    (出典 wadamakoto.jp)


    (出典 wadamakoto.jp)


    (出典 wadamakoto.jp)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【【訃報】イラストレーター 和田誠さん死去  妻は平野レミさんだった】の続きを読む


    福岡 (ふくおか つばさ、1940年3月3日 - 2019年4月20日)は、日本の男性芸能レポーターであり、映画評論家である。 本名は福岡 (ふくおか たすく)。高知県生まれ。高校卒業後に上京し、早稲田速記学校を卒業。 同校卒業後は速記の技量を活かして出版社、小学館に勤務、約10年に渡って
    3キロバイト (357 語) - 2019年10月5日 (土) 10:48



    (出典 image.news.livedoor.com)


    不法行為が多いな。💣

    1 Egg ★ :2019/10/05(土) 04:05:06.73 ID:ugAzm2Nu9.net

    テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」などに出演し、芸能リポーターの草分け的存在として活躍した福岡翼さんが、4月20日に慢性心不全増悪のため亡くなっていたことが4日、分かった。79歳だった。本人の遺志で公表を控えていた。1970~2000年代に、梨元勝さん(10年死去、享年65)らと芸能マスコミの発展に尽力。映画評論もこなす知性派としても知られ、柔らかい人柄を生かした取材力に定評があった。

     梨元さんや前田忠明氏(78)とともに華やかな芸能ニュースでワイドショーの全盛期を支えた福岡さん。ソフトな口調と鋭い質問などで人気を集めたベテランリポーターが、静かに生涯の幕を閉じていた。

     この日、故人と40年来の親交がある芸能リポーター、みといせい子さん(70)がサンケイスポーツの取材に応じ、詳細を説明。みといさんが福岡さんの妹から聞いた話によると、亡くなる2、3日前、福岡さんは親族とレストランで食事する予定だったが現れなかったという。

     心配になった親族は大阪に住む福岡さんの妹に電話。妹が上京して福岡さんの東京都内の自宅に入ると、ベッドの中で眠るように亡くなっていた。福岡さんは大の読書好きで知られ、枕元には読みかけとみられる本が置かれていた。

     葬儀は故人の「もし*だら、いつの間にか消えているのが良い」という遺志を尊重。親族のみで執り行われ、棺には愛用のペン、原稿、使い込んだカバンを納めた。

     実は福岡さんは2011年に心筋梗塞(こうそく)の手術を受けているが、「自分はあくまでも裏方だから。周りに心配されるのは嫌だ」と、このときも公にせず。3年ほど前から仕事をセーブしており、昨年9月にテレ朝系「ワイド!スクランブル」に出演したが、基本的には読書にふける生活で、1時間のウオーキングなどで健康に留意していたという。

     2、3日前に妹から届いた手紙で訃報を知ったというみといさんは1977年からTBS系「モーニングジャンボ」で福岡さんと共演。「当時、翼さんは梨元さんと『年に2本スクープを出す』と約束して、刺激し合っていた」と懐かしんだ。

     「優しい人柄でタレントさんの懐に入り込むのが上手でした」と明かし、森光子さんや森繁久彌さんらとも仲が良かったと告白。一方で映画評論もこなす知性派としても知られ、「とにかく勉強家で、質問も鋭く芸能人からの信頼も厚かった。私にとって最高の先輩で、本当に感謝しています」と振り返った。

    10/5(土) 2:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000500-sanspo-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【訃報】芸能リポーター”福岡翼さん” 4月20日に亡くなっていた】の続きを読む


    浅田 真央(あさだ まお、ラテン文字:Mao Asada、1990年9月25日 - )は、2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。 2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック日本代表(6位)。2008年、2010年、
    116キロバイト (10,109 語) - 2019年9月16日 (月) 20:07



    (出典 i.ytimg.com)


    意外。💣

    1 湛然 ★ :2019/09/27(金) 05:31:20.75 ID:svNQdkLc9.net

    浅田真央&ガンバレルーヤよしこ、“同い年”の事実に会場ざわつく
    2019/09/26 17:37
    ※引用元サイトにて動画をご覧になれます。
    https://news.mynavi.jp/article/20190926-900110/

    左から浅田舞、浅田真央、よしこ、まひる

    (出典 news.mynavi.jp)



    元フィギュアスケート選手の浅田舞・真央姉妹、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしことまひるが26日、都内で行われた健康増進型保険“住友生命「Vitality(バイタリティ」)”の発売から1年を記念した「Vitality Day 2019」に登場。真央とよしこが同い年であるという話をすると、会場がざわついた。

    住友生命「Vitality」は、リスクに「備える」だけでなく、「健康増進」に取り組むモチベーションを高めて、リスクを「減らす」新しい保険のしくみ。イベントには、Vitalityアンバサダーである浅田姉妹とアンバサダーの座を狙うガンバレルーヤが登壇した。

    はじめにガンバレルーヤが浅田姉妹になりきって登場し、「現役を辞めてから太りました」と笑いを誘い、司会者から全然違うとツッコまれると、よしこが「クソが!」とお馴染みの暴言。その後、本物の浅田姉妹が登場し、真央とよしこ、舞とまひるが同じ衣装を披露した。

    アンバサダーの座を狙っているというガンバレルーヤに対し、浅田姉妹は「譲れないです」ときっぱり。ガンバレルーヤが「私たちのほうが健康です」とアピールすると、浅田姉妹も「私たちのほうが健康です」と対抗した。

    そして、よしこは「実は私たち、生まれも育ちも一緒なんです。私、愛知県出身で、お二人も愛知県出身で」と浅田姉妹との共通点を説明。さらに真央とよしこが「私たち同世代なんですよね」「そうなんです。同い年なんです」「90年生まれなんですよね」と、同じ90年生まれだと明*と、会場がざわついた。

    イベントでは、真央がボクササイズにハマっているということから、真央とよしこのボクササイズ対決を実施。時間内に回数を競うというルールだったが、よしこはパワー重視でパンチとキックを繰り出し、真央の圧勝という結果になった。

    (おわり)


    【【芸能】浅田真央&ガンバレルーヤよしこの意外な共通点】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレントであり、アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
    17キロバイト (2,276 語) - 2019年9月16日 (月) 11:42



    (出典 www.ken-on.co.jp)


    好調スタート。💣

    1 ひかり ★ :2019/09/27(金) 11:01:38.92 ID:qayB+gPy9.net

     アイドルグループ・NGT48を5月に卒業した山口真帆の1st写真集『present』が、最新の9/30付オリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」で
    初登場1位を獲得した。新たな芸能活動をスタートさせている山口だが、変わらぬファンの応援と世の中の関心を集めているようだ。

     本作は、山口の24歳の誕生日・9月17日に発売した初めての写真集。タイトルには、自分への誕生日プレゼントであるとともに、受け取るファンに向けた
    “ギフト”として、写真集を通じて今の山口真帆を知ってもらいたいという想いが込められている。

     撮影には、1日5食の食事でジムに通ったという身体づくりをして臨み、キュートな水着姿やランジェリー姿など、これまで見せたことのない多彩な表情とともに
    美しいボディラインを披露。24歳の山口のありのままの姿と、これからへの決意や熱い想いをすべて詰め込んだ渾身の1冊となっている。

     山口はNGT48卒業後、8月27日にTOKYO FM『Skyro*et Company』で初のメディア出演を果たし、今月16日放送の『ノンストップ!』
    (フジテレビ系)で卒業後初のテレビ出演。17日には、都内で『present』発売記念トークショーを開催している。

     順調なスタートを切った山口。『present』のこの先の売上推移とともに、新たな芸能活動にも注目が集まっていきそうだ。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000301-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 portal.st-img.jp)


    【【芸能】“山口真帆”写真集 バカ売れスタート】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    96キロバイト (12,273 語) - 2019年9月20日 (金) 02:56



    (出典 newsrepo.net)


    負けたのか。💣

    1 ひかり ★ :2019/09/26(木) 16:53:27.85 ID:FuIuAPCL9.net

     週刊文春に、当時所属していた女優のん(能年玲奈から改名)にパワハラしたなどとする記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、芸能事務所「レプロエンタテインメント」(東京)と社長が、
    発行元の「文芸春秋」と当時の編集長にそれぞれ損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京高等裁判所は26日、事務所と社長に計440万円を支払うよう命じた。

     事務所は文書を通じて「勝訴判決のご報告」とし、「平成31年4月19日の東京地方裁判所の判決に引続き、東京高等裁判所でも、本件記事により事実とは異なる内容の報道がなされたという当社および
    本間(憲社長)の主張の正当性が基本的に証明され、公平な判断により勝訴に至りましたことに感謝申し上げます」と報告。

     「判決に至るまでのこの数年間で、世間では、本件記事が原因で、事実と異なる内容がまるで事実であるかのように定着してしまい、当社および本間は、勝訴という結果をもってしても到底払拭できない
    大きな被害を受けております。被告らが今回の判決を真摯に受け止め報道姿勢を改めること、そして今後同様の被害が生じないことを切に願っています」と記した。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000167-spnannex-ent


    (出典 img.jisin.jp)


    【【悲報】文春砲 またまた大敗 “女優のんさん巡る記事”】の続きを読む

    このページのトップヘ