トレンド⭐ニュース速砲

トレンド⭐ニュース速砲とは、芸能、社会、ニュースなどから、今話題の旬な情報を画像を交えてお届けします。
興味のある方もない方も一度はどうぞ。
まとめブログ まとめニュース

    カテゴリ: ニュース


    抗体(こうたい、英: antibody)とは、B細胞の産生する糖タンパク分子で、特定のタンパク質などの分子(抗原)を認識して結合する働きをもつ。抗体は主に血液中や体液中に存在し、例えば、体内に侵入してきた細菌やウイルス、微生物に感染した細胞を抗原として認識して結合する。抗体
    28キロバイト (4,435 語) - 2020年5月7日 (木) 17:30



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    バラツキ気になる。💣

    1 夜のけいちゃん ★ :2020/05/15(金) 11:37:48.00

    2020/5/15 11:25 (JST)

     加藤勝信厚生労働相は15日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの大規模抗体調査を、来月から複数自治体の住民を対象に1万人規模で実施すると表明した。関係者によると、感染者が多い東京や大阪のほか、感染者が比較的少ない地域が候補に挙がっている。

     抗体検査は、感染から一定期間たった後に体内にできる抗体を、少量の血液から検出する方法。回復した人を含めて過去にどのくらいの人が感染したか実態を把握でき、ワクチン接種が必要な人数の試算や、次に流行した時にどのくらいの人が感染する可能性があるのかを推計するのに役立つと期待される。


    ソース https://this.kiji.is/633831615271502945


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【朗報】厚労相の『 抗体調査』】の続きを読む


    2019新型コロナウイルス(2019-nCoV, SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となるSARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV)に属するコロナウイルスである。日本の国家機関や主要な報道機関は「新型コロナウイルス」と呼んでおり、「新型コロナ」と省略される場合もある。
    81キロバイト (9,043 語) - 2020年5月14日 (木) 02:21



    (出典 scienceportal.jst.go.jp)


    まだまだこれから説。💣

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/05/15(金) 10:08:33.93

    2020年5月13日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、日本の新型コロナウイルス感染者と死亡者が
    世界的に見て少ない理由について考察する記事を掲載した。

    記事はまず、世界で400万人以上が感染し、29万人近くが死亡するなか、
    日本では5月12日現在の累計感染者数が1万5874人、死者が643人といずれも少なくなっていると紹介。

    感染者10万人当たりの死亡率はわずか0.3人にとどまっているとした。

    その理由について、日本の一部メディアからは「死者が多い欧米地域では気温が低く乾燥した気候であるのに対し、
    温暖湿潤なアジア諸国では気温と湿度が上昇するのに伴い感染ペースが落ちた」との見方が出ていると伝えた。

    また、別の見立てとして、日本ではPCR検査数が少なく、実際の感染者を正しく推定することが難しいとの声も出ていると紹介。
    今月4日時点で、人口10万人当たりのPCR検査数はイタリアが3159人、米国が1752人、韓国が1198人となっているのに対し、
    日本はわずか187.8人にとどまっているとした。

    その上で記事は、「それでも日本の実際の感染者は、死亡者数で上位に入る国に比べれば少ないものと思われる」とし、
    先日、神戸市立医療センター中央市民病院が一般の外来患者1000人に対し実施した抗体検査で3.3%の人から抗体が見つかったのに対し、
    米ニューヨーク州で3000人を対象に実施した抗体検査では14%の人が抗体を持っていることが分かったと伝えている。

    さらに、日本での感染者、死亡者が少ないとするもう1つの根拠として、日本の感染症治療体制が整っていることを挙げ、
    新型ウイルスによる肺炎が「指定感染症」に指定されており、日本人でも外国人でも設備が完備した指定医療機関で治療が受けられ、
    政府が公費で検査費と医療費を負担する仕組みになっていることを説明した。

    また、軽症者や無症状感染者がホテルなどで隔離措置を取る上での費用も地方自治体が負担するとし、
    感染者が経済的負担なくしっかりとした治療や措置を受けられることで重症化するケースが抑えられているため、死亡率も低くなっているとの見解を示している。
    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-805598/


    【【新型コロナ】 日本での死者数が少ない『秘密』】の続きを読む


    ライシング制御を行う低分子化合物も開発されており、実用化されれば経口薬で治療可能になる可能性もある。 オナセムノジーンアベパルボベック(商品名:ゾルゲンスマ)は遺伝子治療薬であり、1回の投与で生涯効果が続くと考えられている。 かつては脊髄性進行性筋萎縮症(spinal pregressive
    11キロバイト (1,646 語) - 2020年2月27日 (木) 12:36



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    高額医療だね。💣

    1 逆落とし(光) [GB] :2020/05/11(月) 21:29:15.77


    「世界一高い」とも言われる、幼い子どもなどの難病の治療薬「ゾルゲンスマ」について、厚生労働省は、保険適用の対象とし、
    1回当たり、およそ1億6700万円とする方向で詰めの調整を進めています。

    「ゾルゲンスマ」は、幼い子どもなどの全身の筋力が低下する難病「脊髄性筋萎縮症」の治療薬で、ことし3月に国の承認を受けました。

    アメリカでは1回あたり2億円を超え、世界一高い薬とも言われていることから、国内での価格設定が注目されています。

    こうしたなか厚生労働省は、「ゾルゲンスマ」を公的な医療保険の適用対象としたうえで、1回当たりおよそ1億6700万円とする
    方向で詰めの調整を進めていることがわかりました。
    13日に開かれる中医協=中央社会保険医療協議会で承認されれば、現在国内で保険が適用されている薬で最も高額となります。

    対象となる患者は年間25人程度と見込まれ、患者側が支払う医療費には上限が設けられ、それを超えた分は保険料などで賄われることになります。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200511/k10012425681000.html


    【【新薬】「ゾルゲンスマ」 1回当たりの『衝撃の金額』】の続きを読む


    芸能(げいのう)とは、芸術の諸ジャンルのうち人間をもって表現する技法のことである。 日本語の「芸能」は広く流通している表現であり、「芸能界」や「芸能人」など大衆文化(大衆芸能)を想起させるものを含む一方、能や歌舞伎などの伝統芸能の枠組みも含まれる。 芸能には、主に、演劇・舞踊・ポピュラー音楽・映画
    8キロバイト (953 語) - 2020年4月13日 (月) 11:18



    (出典 t.pimg.jp)


    不要不急。💣

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/10(日) 12:02:58.45

    5/10(日) 8:02配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00000001-friday-ent

    なぜ芸能界は救ってもらえないのか――。

    欧米諸国に比べ、芸術家やアーティストに対する補償が圧倒的に少ないのが日本だ。

    芸能プロダクションの多くが加盟する一般社団法人「日本音楽事業者協会」の会長で、大手芸能事務所「ホリプロ」の堀義貴社長は東京新聞で、エンタメ業界の置かれている状況について、「悲劇的な結末」を意味する「カタストロフ」と表現。コンサートや大規模イベントの中止や延期が5月末まで続けば、約3300億円の損失が見込まれるという。

    堀氏は国の公的支援が乏しいことに「ドイツや米国では、外国人アーティストでも早い段階でまとまった金額が国から入金されたと聞いている。エンタメが国の財産だと思っているから手厚い」と分析した上で「(日本は)『クールジャパン』というが、これでは『冷たい日本』だ。海外で稼いでくれと言うのに、死にかかっている時は手を差し伸べない」と批判する。

    続けて「エンタメは日本経済にさしたる影響力がないと思っているのではないか。政策を作る側の人は舞台を見に来ないし、テレビドラマもアニメも何十年も見ていないのでは。どれくらいすごいのか分かっていない」と不満をぶちまけた。

    同様に政府に苦言を呈するのが、演出家の宮本亜門氏だ。出演したTBS系『グッとラック!』の中で、現状について「先進国の中で、これほど文化・芸術にお金を出さないところはないと思っていました。きっと政治家の皆さんは歌も歌ったことはないし、笑ったこともないのかな。そんなはずはないですよ。こういうときにバサッと『そういう人たち』という切り方をするんですよ」と吐露。何度も「絶望的」という言葉を口にした。

    たしかに国の補償は芸能界に限らず、絶望的ではある。ただし、世間やネット上の反応を見ると、必ずしも「芸能界かわいそう」でないのも事実だ。

    「堀氏は東京新聞に限らず、共産党の機関紙である『赤旗』に登場し、政権批判を行ってきましたが、その成果は正直芳しくありません。どことなく物言いが“上から目線”に聞こえてしまうのでしょう。おそらく戦略なのでしょうが、完全に作戦ミスではないか。困窮ぶりを示して『お願いだから助けてほしい』とやった方が良かったと思う」(スポーツ紙記者)

    2つ目に国民感情として、芸能人やアーティストを「特権階級」「上級国民」とみなしていることも大きい。ネット上の批判もこれが最多。

    サラリーマンの月給以上をわずか1日で稼ぎ、外車に乗り、いい家に住んで……。ほんのひと握りの一流芸能人のイメージをそのまま芸能界全体に当てはめている人が多いため、「それで困ったら補償しろはありえない」となるのだ。前出スポーツ紙記者は、

    「本当に困っているのは、裏方のスタッフさんたち。いくらタレントがいても、彼らがいなければ作品は完成しない。このままでは専門技術を持った裏方さんたちが見切りをつけて業界から足を洗ってしまう。本来、彼らにスポットを当てるべきなのに、そうした議論にならないのも問題だ」

    と話す。欧米と違って、慈善事業に対する取り組みも不足していた。テレビ関係者が指摘する。

    「向こうでは海外セレブと慈善事業はセット。何億も稼いで、すべてフトコロに入れるのはありえない。アンジェリーナ・ジョリーやナタリー・ポートマン、ジョージ・クルーニーらハリウッドスターは慈善団体に巨額の寄付をしている。セレブは社会的弱者のためにお金を使うのがステータス。それに比べると、日本はここ数年でようやく『社会貢献』というワードが出始めたレベル。やっている人はやっていますが、浸透はしていない、というのが正直なところではないでしょうか。欧米で俳優やアーティストが国民から認められているのは、そうした文化の違いもある」

    残念ながら、政府の対応を見る限り、芸能領域の補償優先度はこれからも低いままだろう。前出のテレビ関係者からは、

    「最近は素人に毛が生えたレベルのタレントやアイドルがどんどん出てきていた。ある意味、今回のコロナ禍は大規模な業界リストラという風にも捉えることができる」

    という声もある。エンタメ業界が新時代に突入したことだけは間違いない。

    ★1が立った日時:2020/05/10(日) 08:37:21.17

    前スレ
    【新型コロナ】なぜ芸能界は救ってもらえないのか―― 芸能界が“不要不急”扱いされてしまう「3つの背景」★2 [鉄チーズ烏★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589072521/


    【【新型コロナ】“ 芸能界”が『不要不急』】の続きを読む


    ファンケル (FANCLからのリダイレクト)
    株式会社ファンケル(英: FANCL Corporation)は、神奈川県横浜市中区に本社を置く化粧品・健康食品のメーカーである。 三重県出身の池森賢二が、産能短期大学中退後、ガス会社勤務などを経て、1980年に創業。1981年株式会社化した。2003年会長、2005年に名誉会長となり第一線から退
    13キロバイト (1,521 語) - 2020年4月12日 (日) 15:08



    (出典 www.ana.co.jp)


    一流企業。💣

    1 サンペくん(アルゼンチン共和国) [US] :2020/04/24(金) 12:01:04.95


    ファンケル、在宅勤務者に一律2千円


    ファンケルは新型コロナウイルスの感染拡大により在宅勤務している従業員に対して、
    一律2千円の支給を決めた。
    対象はグループの従業員約2千500人。

     同社では新型コロナウイルスの感染防止策として、2月から在宅勤務や有給休暇の取得を推奨してきた。
    7日に7都府県に発出された緊急事態宣言の後は2交代制シフトを設けるなど一層の在宅勤務の増加を図り、
    23日時点では出社率7割以上削減を達成している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00010003-shokuhin-bus_all


    (出典 www.ana.co.jp)


    【【朗報】“ファンケル” 在宅勤務者に臨時ボーナス】の続きを読む

    このページのトップヘ