トレンド⭐ニュース速砲

トレンド⭐ニュース速砲とは、芸能、社会、ニュースなどから、今話題の旬な情報を画像を交えてお届けします。
興味のある方もない方も一度はどうぞ。
まとめブログ まとめニュース

    カテゴリ:ニュース > 皇室


    佳子内親王(かこないしんのう、1994年〈平成6年〉12月29日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第2女子。今上天皇の姪。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は宝冠大綬章。お印はゆうな。 姉に眞子内親王、弟に悠仁親王がいる。住居は、赤坂御用地内にある秋篠宮邸。 1994年(平成6年)
    15キロバイト (1,802 語) - 2019年10月22日 (火) 07:30



    (出典 www.sankei.com)


    おキレイでした。💣

    1 :2019/10/22(火) 17:40:55.51 ID:ypb5h3+H0●.net BE:218927532-PLT(13121)


    (出典 img.5ch.net)

    眞子さま、佳子さまも初めて十二単を身につけられた。唐衣などは平成の即位礼正殿の儀で使われたものを再利用された。
    女性皇族の十二単のご着用は、即位儀礼と結婚の際に限られるという。
    https://www.sankei.com/life/news/191022/lif1910220036-n1.html


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 prt.iza.ne.jp)


    (出典 prt.iza.ne.jp)


    【【皇室】「天皇陛下・即位の儀式」”佳子内親王”vs“眞子内親王”  勝者はダントツで“紀子様”】の続きを読む


    即位(そくいれい)または即位礼(そくいれい)は、日本天皇が践祚後、皇位を継承したことを国内外に示す一連国事行為たる儀式で、最高皇室儀礼。 中心儀式即位礼正殿の儀は、諸外国における戴冠式、即位式にあたる。 即位後に、五穀豊穣を感謝し、その継続を祈る一代一度大嘗祭が行われ、即位
    106キロバイト (11,269 語) - 2019年10月21日 (月) 23:28



    (出典 zatsuneta.com)


    子供もお休みだから助かる。💣

    1 名無し募集中。。。 :2019/10/21(月) 22:35:06.44 0.net

    都内の無料施設

    東京都庭園美術館 ※注:東京都庭園美術館内の展覧会は有料
    東京都江戸東京博物館
    江戸東京たてもの園
    東京都写真美術館 「TOPコレクションイメージを読む」展
    東京都写真美術館「イメージの洞窟」展
    浜離宮恩賜庭園
    旧芝離宮恩賜庭園
    小石川後楽園
    六義園
    旧岩崎邸庭園
    向島百花園
    清澄庭園
    旧古河庭園
    殿ヶ谷戸庭園
    恩賜上野動物園
    葛西臨海水族園
    多摩動物公園
    井の頭自然文化園
    神代植物公園
    夢の島熱帯植物館
    東京港野鳥公園


    【【即位礼正殿の儀】祝日で無料になる施設多数 ありがたく利用する予定】の続きを読む


    小室圭(一橋大学大学院在学)と結婚する準備が進められていると報道された。しかし7月7日、平成29年7月九州北部豪雨の影響で、7月8日に予定していた婚約内定会見を延期すると宮内庁が発表した。同年9月3日午後3時より、東京・元赤坂の赤坂東邸で婚約内定会見が執り行われた。 2018年2月6日、小室圭
    24キロバイト (2,835 語) - 2019年8月16日 (金) 09:57



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    普通の家庭でも大変な事態だよ。💣

    1 鬼畜の和洸 ★ :2019/08/25(日) 17:43:35.08 ID:PS0LmBji9.net

     泥沼化する秋篠宮眞子さまと小室圭さんの結婚問題が、皇室に影を落としていることはこれまでも再三報じてきたが、ついに〝実害〟として表に出てきてしまった。

     1つは、上皇后美智子さまの乳がん。
    今月9日に宮内庁が公表したもので、それによると、美智子さまは7月12日の健康診断で乳腺エコー検査を受け、左胸の乳腺に腫瘤が発見された。
    同15日に東大病院でMRI検査したところ、悪性が疑われたため、今月2日に宮内庁病院で組織検査を行い、比較的早期の乳がんと診断された。
    今後、美智子さまの体力の回復を待って手術を行うという。

     この結果に落胆を隠せないのが、宮内庁関係者だ。「心臓の数値も芳しくないため、あの御年(84)で手術に臨むことは体力的にも心配だ」

     同時に口をつくのは、この1年半、美智子さまにストレスを与え続けてきた小室親子への批判だ。
    一般紙皇室担当記者は「美智子さまは初孫・眞子さまの将来を危惧しています。
    週刊誌報道には逐一目を通し、心を痛めることもしばしば。
    やはり小室さんと実母・佳代さんの〝人間性〟に疑念を持っているようで、近しい人に愚痴をこぼすこともあるそうです」と話す。

     もう1つは、眞子さまの父親である秋篠宮殿下の〝異変〟だ。一連の騒動が原因で、娘と衝突。
    いまや親子の会話もままならないことは当サイト既報通りだ。

     秋篠宮夫妻は長男の悠仁親王とともに、今月16日~25日の日程でブータンを訪問。
    中学1年生の悠仁親王にとっては、これが初めての海外となる。
    ワンチュク国王と面会したほか、織物博物館、仏教寺院などを見学し、異国文化と触れ合ったが、ブータン行きの航空機は紀子さま・悠仁さまが同乗する一方、秋篠宮殿下だけは別の便の民間機を利用した。

     その理由について前出担当記者は「皇位継承第1位である皇嗣の秋篠宮さまと第2位の悠仁さまがご一緒に海外へ行かれるのは、皇室の歴史の中でも前例がありません。
    万が一の事故などのリスクを考え、同じ飛行機に乗るのを避けたようです」と語るが、理由はそれ以外にもあるようだ。女性誌記者の話。

    「秋篠宮殿下は家庭のストレスに加え・・・(以下略)

    ※長い為、続きは記事元でご覧下さい。

    【記事元:https://tocana.jp/2019/08/post_108796_entry.html

    美智子様の威光


    【【悲報】“小室圭”親子の皇室への「実害」が酷すぎる】の続きを読む


    小室圭さんの経済力を危惧される美智子上皇后が「破談」に向けご説得を本格開始(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
    天皇・皇后両陛下を中心に、令和の皇室は華やかに始動した。が、今なお宮中を覆う“未解決問題”が、秋篠宮家の長女・眞子さまの「婚約内定者」小室圭さんの案件である。
    (出典:Yahoo!ニュース)


    “宮内庁長官は聞く耳持たず…秋篠宮さま会見全文” (日本語). YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2018年11月30日). 2019年1月29日閲覧。 ^ “眞子さまの婚約、現状では「できない」 秋篠宮さま言及:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年1月29日閲覧。 ^ a b “小室さんが説明文
    71キロバイト (9,469 語) - 2019年6月21日 (金) 23:57



    (出典 img.jisin.jp)


    カワイイ孫のコトですもの当然。💣

    1 蜜マメ ★ [US] :2019/06/20(木) 08:55:45.67 ID:CAP_USER9.net

    6/18(火) 8:01配信
    デイリー新潮
    小室圭さんの経済力を危惧される美智子上皇后が「破談」に向けご説得を本格開始

    初孫の窮地を救うべく
     天皇・皇后両陛下を中心に、令和の皇室は華やかに始動した。が、今なお宮中を覆う“未解決問題”が、秋篠宮家の長女・眞子さまの「婚約内定者」小室圭さんの案件である。その御代をまたいで立ちはだかる難題を解決すべく、上皇后さまが本格的に動き出されたという。

     ***

     現状では打つ手なしにみえる「小室問題」を誰よりも憂慮し、平成の御代からひたすら解決に導くべく心を砕かれてきたのが、ほかならぬ上皇后さまであった。

     小室さんの存在が世に知られた直後から、その振る舞いに上皇后さまが疑念を呈してこられたのはすでに報じられている。あらためて振り返ると、

    「17年5月、眞子さまのお相手として小室さんの存在が一斉に報じられました。その翌日、勤務先で囲み取材を受けた彼は、さっそくその日の朝に眞子さまと交わした会話について、あけすけに報道陣に喋ってしまった。これをお知りになった上皇后さまは『あのような方で、眞子は本当に大丈夫なのでしょうか』と、誠実さが感じられない言動に大いに違和感を持たれていたのです」(宮内庁関係者)

     が、その“予感”は、不運にも的中してしまったと言えよう。

    「お二人の結婚行事が2年延期となるにあたり、上皇后さまは『二人には別々の道を歩んで行ってほしい』とのご希望を持たれていました。ですがその後、小室さんは突然の米国留学という奇策に打って出ます。また、それに伴い、大学がホームページで大々的に『プリンセス・マコのフィアンセ』と喧伝するなど、皇室利用とも捉えられかねない事態が生じました。これらをご覧になるにつけ、上皇后さまは大いにお嘆きのご様子でした。それは時に『新しい代に重要な役割を担う皇嗣家に連なる親戚として、あのような方が入ってくるということは、到底考えられません』といった、激しいご心情の吐露となって表れてきたのです」(同)

     上皇后さまは昨年、

    〈この問題は、本来ならば(ご在位三十年記念式典が行われる)2月までには答えが出ているお話です〉

     とも仰っていたのだが、その願いは実現を見ず、ついには新時代へと持ち越されてしまったのだ。

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00565825-shincho-soci


    【【眞子さま】いよいよ美智子上皇后が「破談」に向けて動き出したらしい】の続きを読む

    このページのトップヘ