トレンド⭐ニュース速砲

トレンド⭐ニュース速砲とは、芸能、社会、ニュースなどから、今話題の旬な情報を画像を交えてお届けします。
興味のある方もない方も一度はどうぞ。
まとめブログ まとめニュース

    カテゴリ:ニュース > 健康


    1787/health_glance-2013-en.  健康づくり 健康づくり国際会議 健康の社会的決定要因 健康健康心理学 健康教育 ヘルス・リテラシー 日本の健康 厚生労働省健康局 / 健康増進法 ウエルネス 健康管理システム(インターネットを利用した健康管理システム、サービス) 健康ブーム/健康食品 医療/介護/福祉/衛生
    15キロバイト (1,834 語) - 2019年10月21日 (月) 10:07



    (出典 i.pinimg.com)


    継続が大事。💣

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2019/09/07(土) 22:21:08.40 ID:q2pzL09W.net

    健康と体力維持の為に実行していることや心がけていること、
    体に良い食事などを語るスレです


    【【健康】体力維持、体調管理、体に良い食事 60歳~!!】の続きを読む


    インフルエンザ(イタリア語: influenza、ラテン語: influentia)とはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患を呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。 季節性インフルエンザには、A型、B型、C型
    75キロバイト (10,346 語) - 2019年12月21日 (土) 17:37



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    ことしは早いね。💣

    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/20(金) 18:50:11.79 ID:acp/xUYB9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    首都圏でも今シーズンは季節性インフルエンザが早い時期から猛威を振るっています。12月の関東地方は気温のアップダウンがかなり大きくなっています。
    .

    患者数ハイペースで増加

    季節性インフルエンザが猛威を振るっています。きょう20日に厚生労働省から発表されたインフルエンザの発生状況によると、2019 年第50週(12/9~15)の定点当たり報告数は 15.62(患者報告数 77,425)となり、前週の定点当たり報告数9.52より増加しました。

    首都圏でも今シーズンは早いペースでインフルエンザが流行しており、東京都の第50週のインフルエンザ患者報告数は6,972人で、定点当たり16.84人でした。これは昨年同期(定点当たり2.68人)の約6倍です。上のグラフを見ても、ここ10数年の中では最も早いペースで流行していることが分かります。

    (※定点当たり報告数とは、定点医療機関からの報告数を定点数で割った値のことで、言いかえると1医療機関当たりの平均報告数のことです。)
    .


    東京 気温はジグザグ

    季節性インフルエンザは気温のかなり低い時期に流行するイメージがありますが、今年の東京の12月は寒さが続かず、気温のアップダウンが大きくなっています。上のグラフのように、最高気温が10度に届かないような日がある一方で、急に15度を超えるような季節外れの暖かさとなることが度々ありました。
    .


    今年12月は寒暖差が激しすぎ

    ここ50年の、東京の最高気温の前日との差(絶対値)の合計(12/1から12/19)を比べてみると、4番目に高くなっており(上の棒グラフ)、今年の12月は毎日の気温の変動がかなり激しいといえます。
    .

    この先は?

    12月下旬は、上旬から中旬ほどの激しい気温差はなさそうですが、南岸低気圧が度々通過して冷たい雨や雪の降る日があるでしょう。大晦日から年始にかけては冬型の気圧配置となり、冬らしい寒さになる可能性があります。また、冬型の気圧配置となれば、関東では晴れて空気が乾燥するでしょう。何かと慌ただしい時期ですので、インフルエンザにかからないよう、こまめに手を洗うなど、しっかり予防してください。

    12/20(金) 17:56配信
    tenki.jp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00003769-tenki-soci


    【【インフルエンザ】今年のは一味違う?!首都圏で猛威】の続きを読む


    インフルエンザ(イタリア語: influenza、ラテン語: influentia)とはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患を呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。 季節性インフルエンザには、A型、B型、C型
    75キロバイト (10,346 語) - 2019年12月21日 (土) 17:37



    (出典 h.kawasaki-m.ac.jp)


    そんなに早く?!💣

    1 みんと ★ :2019/12/22(日) 01:02:03.59 ID:TjRtUwfP9.net

    長野県内の小学校に通う女子児童が、今月15日にインフルエンザが原因の脳症で死亡していたことが分かった。
    死亡したのは、長野県の南信地方に住む小学6年生の女子児童。地元の教育委員会によると、女子児童は今月13日に登校した際は体調に問題はなかったが、翌14日に高熱が出て、医療機関でインフルエンザと診断された。そして15日に「インフルエンザ脳症」で亡くなったという。

    長野県は18日に「インフルエンザ注意報」を発表していて、重症化を防ぐためにワクチンを接種するよう呼びかけている。

    日テレNEWS24 2019年12月21日 17時21分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17560585/

    ★1:2019/12/21(土)20:32:55.80
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576927975/


    【【インフルエンザ】女児がインフルエンザ脳症で死亡 『長野』】の続きを読む


    第5世代移動通信システム (5Gからのリダイレクト)
    Generation, 「5G」(ごジー、ファイブジー)と略記される。1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。 3G時代から移動体通信の標準化を行っていた3GPPではRelease 15以降に5Gの仕様を含めている。 3GPPが「5G Phase 1」(※5Gの一段階目、の意)としている仕様群は、Release
    14キロバイト (2,099 語) - 2019年11月3日 (日) 12:30



    (出典 sanki-you.sakura.ne.jp)


    原因不明の体調不良。💣

    1 田杉山脈 ★ :2019/11/12(火) 19:57:12 ID:CAP_USER.net

    次世代通信規格「5G」を日本でも導入するというが、心配の種が尽きない。2020年春からの本格導入を目指し、総務省はNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルへ電波(周波数帯)を割り当てた。今年4月以降、日本各地で基地局の設置が進んでいる。

     メディアでの報道も加熱しており、現行の4Gと比べ、「通信速度や容量が100倍以上になる」といったメリットが強調されることが多い。たとえば、「スマートフォンに2時間の映画をたった3秒でダウンロードできるようになる」といった具合だ。はたまた、将来的には自動車の自動運転や医師による遠隔診断や手術にも応用できるとのこと。

     とはいえ、現行モデルのスマホでは5Gサービスは利用できない。新たな端末を購入する必要もあるし、データ量が増えるので通信料金も上がるだろう。通信機器メーカーや通信業者にとってはおいしい話に違いない。

     しかし、日本では5Gが人体に及ぼす健康被害の危険性が無視されているのが気がかりだ。今年4月2日、ベルギーの首都ブリュッセルでは5Gの実験、導入を禁止する措置が発表され、ほかの欧州諸国でも追随する動きが出始めており、イタリア政府はすでに5Gの使用を制限する裁判所の決定を告知しているほどである。

     実は、それ以外にも欧米諸国では5Gに対する規制を強化する動きが加速している。不思議なほど、日本ではまったくといっていいほど報道されない。海外では、ベルギーやイタリア以外にも、スイスのボード市やアメリカのサンフランシスコ市にて同様の決定が相次いでなされている。日本だけが能天気にしていて大丈夫なのか。そもそも欧米諸国が5Gを警戒しているのは、なぜなのか。その理由を検証する必要があるだろう。

     答えは簡単で、5Gの基地局からスマホに送信される電磁波が人体に悪影響を与えることが各国の医療関係者の研究によって次々に明らかになってきたからだ。5Gにともなって発生する電磁波は「新たな環境と人体に対する汚染」との受け止め方が広がりつつあることは、日本にとっても他人事ではないはずだ。

     2019年から2020年にかけて、5G用の衛星がアメリカと中国を中心に2万基以上も打ち上げられる予定である。現在軌道上を周回する通信衛星の数が10倍以上に増えることになる。そして地上には200メートルおきに基地局が設置される。そうした膨大な数の基地局から出される電磁波はスマホを通じて利用者の肉体に接触、侵入し、健康被害をもたらす可能性が指摘されているのである。
    以下ソース
    https://biz-journal.jp/2019/11/post_126809.html


    【【通信システム】“5G” 世界では話題でも日本では無視されている】の続きを読む


    オゾン (オゾンからのリダイレクト)
    水に溶け込ませたり、電気分解により水に含まれる酸素を利用して作る「オゾン」として活用される例が増えている。オゾンの不安定な性質により数十分で酸素とに戻るので残留性のない殺菌水として使えるほか、塩素系殺菌剤やエタノール系殺菌剤が使えない場合にも使用される。細菌の細胞を直接破壊・分解するため、耐性菌を生まない利点もある。
    19キロバイト (2,736 語) - 2019年10月7日 (月) 05:45



    (出典 img.jisin.jp)


    体に悪そう。💣

    1 名無し募集中。。。 :2019/11/12(火) 20:09:58 ID:0.net

    殺菌水

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】“血液クレンジング”の次www】の続きを読む

    このページのトップヘ